Festival Report フェスティバル レポート 2019

空中ブランコのエアリアル/Wise Fools(ワイズフールズ)

世界中のアーティストが静岡に集まってきて、ジャンルを問わず世界一を競うワールドカップ部門
今回はワールドカップ部門から、「Wise Fools(ワイズフールズ)」を紹介します。

パフォーマンスのみどころや、実際のインタビューでの演技にかける思いなどを聞いてきちゃいました!



■Wise Fools(ワイズフールズ)はどんなアーティスト?
Wise Fools(ワイズフールズ)は世界中でトリプルブランコを駆使したパフォーマンスを中心に活躍しているアーティストです。

日本に来るのも初めて!大道芸ワールドカップin静岡にも初めての出場です!
大迫力のひやひやするような空中ブランコパフォーマンスと、3人の息がぴったり合った技が作り出す独特の世界観を楽しむことができます。

■見どころ①大迫力の空中ブランコ
ショーの始めに見られるのが、大迫力でスリリングな空中ブランコです。
高い位置で、高速で動くブランコの上で生み出される技が

「こんなに回るの!?」
「手を離して落ちないの!?」

と見ている観客がそわそわしてしまうほどスリリングな空中ブランコパフォーマンスです。

こんな迫力のあるブランコパフォーマンスは見たことない!!

■見どころ②仲良し3人組によるエアリアル
Wise Fools(ワイズフールズ)は、まったくタイプの異なる女性3人組によるトリプルブランコパフォーマンスが特徴です。
息ピッタリの3人の技は、よほどの信頼関係がないと生み出せない高度な技ばかりです。

日常生活からも仲のよさがとても伝わります。


■Wise Foolsにインタビュー!!
パフォーマンスを終えた彼女たちに直接インタビューしてきました!

ー初めての日本はどうですか?
寿司がおいしくて、観客ものりがよくて、おもしろい子どもたちが多くてとても素敵!

ー3人はどんな関係?
フィンランド出身のMariaさん(金髪の髪の長い方)、Valpuriさん(がり勉キャラの方)は15年以上一緒にグループを組んでいるそうです。
もう一人のJamieさん(元気なキャラの方)は南アフリカ出身で、2人と合流したのは2年ほどだそうです。

サーカス学校で会って一緒にパフォーマンスをし始めたそうです。

ーパフォーマンスを通じて伝えたいことは?
ショーはゴミ袋に入った状態から始まります。
そこから一人ずつのキャラクター金髪のきゃぴっとした女の子、眼鏡をかけたガリ勉風の女の子、力強くてスポーツマンタイプの女の子。
まったく違った3人の人でも、力を合わせることで素晴らしいものを生み出すことができる、そんなメッセージがこめられたパフォーマンスなのだそうです。


最終日まで、迫力のある空中ブランコで大道芸ワールドカップin静岡を盛り上げてくれました!
また、どこかで彼女たちのパフォーマンスを見たいものです!!



Wise Fools(ワイズフールズ)を応援したい方!
SNSもやっているのでぜひチェックしてみてくださいね!

>>Wise Fools(ワイズフールズ) Instagram
>>Wise Fools(ワイズフールズ) Facebok

(Misa)

2019フェスティバルレポート / アーティスト ワールドカップ部門
2019/11/04 03:35 PM

一服の清涼剤/王子菜摘子

観客から御題をいただいて即興で作ったオムライスの歌とりんごの歌。リズムとメロディーをマシンで重ねて、開演5分前に王子菜摘子の一人合唱が始まりました。七間町通りに彼女の透き通った声が響きます。大道芸ワールドカップの喧騒の中、一服の清涼剤です。



パフォーマンスは三部構成。どの部もクラッシック、ミュージカル、歌謡曲、童謡など、誰でも聞いたことのある曲が満載で、客席からは自然に手拍子が湧き上がります。曲あてクイズの正解は、静岡市民におなじみのアノ曲。?ッ??ラララの掛け声は観客の女の子とお母さんにお願いしました。ラストは、一人で歌って、踊って、芝居する王子菜摘子の真骨頂、「一人ミュージカル」です。ハンガーに掛かったコートと彼女の愛情をパントマイム風にコミカルに、情感たっぷりに描いて見せます。 アクロバットやジャグリングでハラハラドキドキはお腹いっぱいというあなたに絶対お勧めです。





静岡は三回目という彼女。毎年応援してくれるファンが増えてきて、来るのが楽しみだそうです。最後に静岡の皆さんへのメッセージを書いてくださいました。


(Todd)

2019フェスティバルレポート / アーティスト ニューカマーズ部門
2019/11/04 03:33 PM

11月4日ナイトパフォーマンススケジュール

11月4日のナイトパフォーマンススケジュールは こちら からダウンロードできます。

2019 ナイトパフォーマンススケジュール
2019/11/04 03:30 PM

高度な技術で観客を魅了/吉川健斗

箱の上に乗っかっているトランクケースからひょっこりイケメンが現れた。

彼の名は吉川健斗。

プロとしてデビューして2年目となるが、所属していたサーカス学校で磨いた王道のパフォーマンスと演出で観客を魅了していく。

特に圧巻だったのは、7つの大きなボールでのジャグリングと、6mのポールを額に乗っけて、その先に取り付けている小さいアルミ缶にボールを投げ入れるという技。



見事に演技を成功させ、観客を沸かしていた。

機会があれば彼のイケメンぷりと圧巻の技を見ていただきたい。

(うるし、Todd)

2019フェスティバルレポート / アーティスト オン部門
2019/11/04 03:00 PM

真っ白に込められた可能性(BLANKO)

この真っ白なBLANKOが誕生したのは2013年のこと。オランダで行われているリビングスタチューのフェスティバルでは毎年新しいキャラクターを出さなければならない。2010年にCandy Manで優勝したJohnは未完成のキャラクターでいこうと考えた。BLANKOは観客が完成させるキャラクター、なので、もし誰も何もしなければ何も起こらない。そして観客みんなで自分自身のオリジナルスタチューを作り上げていく。

怖かったことはないというが、クリエイティブでいることと失礼なことの線引きができない人がいるという。JohnはBLANKOのキャラクターを崩したくないので、そのような時は周りのスタッフに手伝ってもらう。アクシデントなどで目などに入ってしまうこともあるようだが、そのようなときにすぐに謝ってもらったり、目を拭いてくれたり、というような優しさにふれることもあるので、彼から観客が描ける場所などの指定は出さないそうだ。Johnは観客全員に自分のできることの可能性をBLANKOを通して見つけていってほしいと語った。

静岡の観客はとても安心できるし、とても感謝しているとのこと。大会関係者だけではなく、市や市民からの歓迎を受けたのもとてもうれしかったようだ。もしあなたが彼に伝えたいメッセージがあれば、ぜひ筆を手に取り、自分の思うままに描いてみてほしい。






(Nana)

2019フェスティバルレポート
2019/11/04 02:58 PM

20年ぶりの静岡!(Andreas Wessels)

20年前この大道芸ワールドカップに出場したAndreas Wesselsが帰ってきた!
25年パフォーマーとしてジャグリングをはじめ、色々なパフォーマンスを世界中で行っている彼は、20年ぶりにこの大道芸ワールドカップへの出場が決まった。いつか帰ってきたいと思っていたが、他の公演などと重なり機会が得られらなかったが、色々なハプニングを経て、静岡の地に戻ってきた。

彼の長身ではジャグリングのボールが小さく見えてしまうため、バレーボールやサッカーボールのような大きめなサイズのボールを使っているそうだ。特にサッカーボールは幼い頃から親しみがあるため好きだという。ピンポン玉でのパフォーマンスはとてもユニークで、「エンターテイメント性もあり、誰もが楽しめる音楽、そして面白いから」と彼は教えてくれた。

静岡の観客は楽しみに観に来てくれるので、道端にシアターができるよう。20年前から変わったことを見るのが楽しみだったが、静岡の観客にはこのままいてほしいし、新たなパフォーマーたちを今のように温かく迎えてほしいとのこと。

かっこよさあり、面白さありのAndreas Wesselsのパフォーマンスをぜひ一度見に行ってほしい。






(Nana)

2019フェスティバルレポート
2019/11/04 02:19 PM

一生に一度のステージ(Quatuor Stomp)

カナダ出身のWilliam、フランス出身のAntoine、アメリカ出身のArne、そして世界(?)出身のVladはケベックのサーカススクールで出会い、このQuatuor Stompができた。
Antoineはトランポリンや体操、Arneはジャグラーなど、個々得意分野が違う。だからこそ、このサイコロから繰り出される多種多様なパフォーマンスができる。
観客にもサイコロを振ってもらい、アクロバットやルービックキューブなどパフォーマンスを決めていく。サイコロだけではなく、実際にパフォーマンスに観客が参加することもある。「火」のヘルプをした方は、熱さよりも緊張が、緊張よりも楽しさが勝っていた、と教えてくれた。

日本でのパフォーマンスは初めてのこの4人、でもこれが最後ではないという。日本に来れたことをとても感謝しているし、日本の観客の温かい歓迎、彼らのパフォーマンスに聞き入ってくれている姿が印象的だとWilliamは語ってくれた。

このようにサイコロを使っている理由は同じショーを毎回やりたくないから、そして、一回のショーには入れきれないパフォーマンスをできるから、だそう。過去には4回連続同じ目が出てしまったこともあるそうだ。そのような場面用のスペシャルサプライズもあるそうなので、この毎回変わる一生に一度のステージをぜひ楽しんでほしい。





(Nana)

2019フェスティバルレポート
2019/11/04 02:16 PM

より高く(Duo par Deux)

ディアボロをテンポよく操りながら、笑いを誘うパフォーマンスをするDuo par Deuxの2人が出会ったのは、Victorが出ていたフランスのサーカススクールでのショー。もともとディアボロパフォーマーとして活動していたAlexisがクラウンとして活動していたVictorと彼の性格をとても気に入って、4年前から活動を始めた。もともと違うタイプのパフォーマーの2人は常にお互いから学びながら活動している。



Alexisは5年前にソロパフォーマーとして、この大道芸ワールドカップに参加している。Victorは日本に来るのは初めて。日本のアニメなどの文化が好きなので、日本でパフォーマンスができることをとても嬉しく、そして光栄に思っていると言う。

彼らにとって、ストリートパフォーマンスは観客にも会え、場所により色々違うものだという。例えば、他の国では技に歓声があがることが多いことに対し、今回の日本では踊りや動きに拍手が多いことに気づいた2人は、1公演目を終えた後、ショーの内容を変えたそうだ。

見どころはどこ?という質問には、「ここというパートではなく、全体のショーとして全てを楽しんでほしい。」とのこと。常に学び、進化し続ける2人のパフォーマンスをぜひ楽しんでほしい。





(Nana)

2019フェスティバルレポート
2019/11/04 02:12 PM

Love/Duo unity

Do you remember the moment that you met your love?



It is a magical moment. It seemed like the world is created for them. The world bless them.



Duo unity's performance remind your first passion to your love. They play with cyr wheel. It is a metal wheel for solo use but, they decided to use for a couple. They use it as their engagement ring. It is so rare to use cyr wheel for duo, if you google it as "cyr wheel duo", you can only find their performance. They said that it takes more than 3 years to handle the wheel. After their hard training they succeeded to create such a romantic atmosphere. It looks like Venus and Ares are dancing in the heaven.



They give comments to Shizuoka



Wow Shizuoka you are so amazing! Thank you so much for everything !!! Francis

Thank you for your warm welcome here. Lea

Y.K.Kobayashi

2019 Festival Report in English / Artist
2019/11/04 01:17 PM

11/4 最終日

大道芸ワールドカップ4日目。

最終日の本日も晴天。
会場はたくさんの方でにぎわっています。


ワールド部門
マノマノ シルコ





WALKING STREET

動くマネキン「E.M.F」




一人でバンド?! 「油井ジョージ ワンマンバンド」






オン部門

スポーツスタッキング世界大会優勝の実力者
SEOPPI





赤の衣装が印象的な
紙麻呂





ステージでは、
世界チャンピオン3人組、SPIN stAr






大道芸ワールドカップボランティアの皆さんもがんばっています。

FM中継中




インフォメーション



プレミアムステージのストア




投げ銭両替所




クラウンの皆さんの笑顔は癒されますね




2019フェスティバルレポート / 会場の様子
2019/11/04 12:53 PM
<<次の記事 前の記事>>