CLOWN 市民クラウン

会場を盛り上げる市民クラウン

会場内のいたるところで見かける道化師のような格好をした人達は、ボランティアスタッフのひとつ「市民クラウン」です。彼らは、道案内をしたり、一緒に写真を撮ったり、待っているお客様を飽きさせないように楽しませたりと、大道芸ワールドカップin静岡の会場を盛り上げる役割を担っています。

会場に来てくれた人々に、もっと楽しんでもらいたい。そんな思いからスタートした市民クラウン。現在では500名以上の市民クラウンが誕生し、海外アーティストからも、お客様からも、「こんなにホスピタリティ度の高い都市はない。」とお言葉をいただきます。

フェスティバルの外でも活躍

市民クラウンは、静岡市およびその周辺のさまざまなイベントや地域のお祭り、社会福祉施設などからお声掛けをいただくことがあり、大道芸ワールドカップの枠にとどまらない活動をしています。
市民クラウンは静岡市の文化として確実に定着しています。

市民クラウンとして参加するには

二泊三日の合宿「大道芸カレッジ」でクラウンとしての基礎を学び、フェスティバル当日に会場全体を盛り上げていただきます。
詳細はボランティアスタッフのページをご確認ください。

※「大道芸カレッジ」への参加には受講料がかかります。