会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

彦一団子は巨大な三色団子をくるくる操って会場をわかせる、作務衣姿の大道芸人だ。口上は軽快かつコミカルで、ちびっ子たちにも大人気。
一見根っからの芸人のように見える彼だが、実は本物の和菓子職人でもある。葵区に『菓子や彦一』という和菓子屋を構え、大道芸の期間中はパルコに出張出店もしている。一時期は芸人業を休んで和菓子作りの修行をしていたこともあるらしい。そんな彼に大道芸人と和菓子職人のどちらが本業なのかと聞いてみると、「福山雅治が歌手であり俳優であるように、どちらかが本業というわけではない」と茶目っ気たっぷりに答えてくれた。
演技に使われる和菓子を模した小道具も、自ら手作りしているのだそうだ。パフォーマンス中はすばらしい技の数々と共に、ジャグリング用のみたらし団子などにもぜひ注目してみてほしい。和菓子を愛する職人ならではのそのおいしそうな色合いに食欲を刺激され、彼のつくる本物の団子もきっと食べてみたくなることだろう。(はら)

2014会場レポート::2014アーティスト オフ部門 / trackback (x)
2014/11/03 02:49 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。