会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。
 


「大道芸ワールドカップ in 静岡 2016」も早くも3日目。

楽しまれていますか?

今年のプレビューショーは、今月2日水曜日の夜にグランシップにて行われました。


プレビューショーでは66組のアーティストによるパフォーマンスを紹介しました。
各アーティストによるショーは、ほんの短い間なのですが、笑ったり、驚いたり、素敵な時間でした。


フェイスペイントのアンジェラ、ルーシー、リズの三人は、事前にフェイスペイントを行い、舞台上で披露・説明をする形をとりました。

今回、私はイギリス人のアーティスト・リズに蝶々を描いてもらいました。

目を開けると、大きく綺麗なバタフライが顔に!
色のグラデーションがとっても綺麗で、鏡に近寄ってじーっと眺めてしまいました。
花粉のように金色の粉もつけて貰いました。

遠くからもとても映えて綺麗なようで、舞台を降りてからも多くの方に「綺麗ね」と声をかけていただきました。
ありがとうございました。


既に体験された方はご存知かと思いますが、肌に優しいペイントを使っているようで、乾燥や痒みを感じることはありませんでした。
また、洗顔で簡単に落ちたので、お子様や男性にもおすすめしたいです。

優しく明るい方で、近くでペイントされるのも全く不安を感じず、わくわくして待っていたらあっという間でした。


ぜひ、本格的なフェイスペイントを大道芸で体験してみてくださいね。





(akari)


2016会場レポート::その他 / trackback (x)
2016/11/05 05:43 PM written by : スタッフ
今年も熱い4日間が始まります!
その前日に行われるのプレビューショーに潜入しました。
このプレビューショーのチケットは、プレミアもので、
今年は6倍の競争率。
(私、そのチケットと幸運にも引き当てたのです。)



18時開演にもかかわらず皆さん早くから並んでいます。
今年の1番のりのお客様は、冷たい風の吹く中、
市民クラウンから温かい祝福されていました。






甲賀プロデューサーはウクレレ片手に弾き語りで
ボランティアのみなさんを癒してくれています。







プレビューショーのオープニングは、池田光洋。
さすが、大道芸の正しい見方の講義とは!
驚きでしたが思わずくすっと笑います。



加納真実は『はなうた』でも笑わせてくれる素晴らしい芸。
おかげで私の頭の中で『うさぎのダンス』がエンドレスで流れています。
きっと、同じような人がいるのではないでしょうか?



プレビューショーでは、この人とこの人が?というコラボがあり、
なんと今回は、イケメンジャグラー
桔梗ブラザーズ、天平、矢部亮の4名のと美味しすぎるコラボレーション!
しかし、残念だったのは、光るクラブを使うため、
舞台が暗いので顔が見えない(席が遠いから?)ということ。



ほかにもシルブプレの舞台にたくさんのエキストラで出てきたり
、パフォーマーショーには先輩方のお手伝いと、
協力して盛り上げているアーティストの姿が見れてお得気分。


豪華キャストの後のダメじゃん小出のドナルド・トランプは爆笑でした。



ワールド部門、オン部門など66組が2時間半の間に出場するので、
各自の持ち時間は少ないけれどしっかりインパクトを残しているので、
どれもこれも見たい!!と思ってしまう宝箱。


夢のような時間でした。




来年は是非あなたも体験してください。




   (みゅげ)

2016会場レポート::その他 / trackback (x)
2016/11/03 06:24 PM written by : スタッフ
今年のプレビューショーはグランシップ大ホール「海」で開催されました。
コンサートだけでなく、能や歌舞伎、文楽に演劇などさまざまな舞台芸術を見られるグランシップ、
中ホール「大地」はお馴染みでも、大ホールに入るときは特別な感じがしてうれしいのは私だけではないはず。
このように、大勢のお客様が寒い中長時間並んでいらっしゃいました。

お客様もスタッフも、この日のために休暇を取ったり早退したり、あるいは仕事が終わってから大急ぎで駆けつけたり。
今年は静岡市街地のあちらこちらでこんなポスターが!

みなさんはもう有給休暇取得されましたか?
休暇が取れなかった方も、仕事が終わったらホットワイン片手にプレミアムステージ観覧はいかがですか?
ナイトショーも20:30までやってます。
お天気のよい大道芸、楽しまなきゃ損ですよ~

(yyukke)

2016会場レポート::その他 / trackback (x)
2016/11/03 12:38 PM written by : スタッフ

 
コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。