会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

たくさんのお客さんが待つなか、伊勢丹東エリアに登場したのは
ジャグリング世界大会4位の経歴を持つジャグラーケンタロウさん。
ジャグラー、マジシャン、カーディシャンとして世界で活躍されています。



まず最初のパフォーマンスは、マジックです。




彼にかかれば、スカーフもリボンも新聞も、ハトに変身してしまいます。
まるで、魔法のようなマジックに、お客さんも大興奮!
ちびっこも「なんであ~なるの!すげ~!」と目を輝かせて驚いていました。


続いて、彼の代名詞でもあるジャグリング。




足を使ったジャグリングで、お客さんを盛り上げます。
なんと、足を使うジャグリングは世界で唯一の技だそうです!
その技の名は、「アート オブ フット ジャグリング」と呼ばれているそう。

発祥のきっかけは、ある時、サッカーボールを蹴り上げるパフォーマンスを見てジャグリングでもできるのではないかと思ったから。

今回、特別に披露してくれたのは、世界大会でも挑戦したという
「スリーインワンフット」
片足で3つのボールをジャグリングする高度な技です。
残念ながら失敗してしまいましたが、世界大会では成功したことがあるそうです。

彼は、2016年のジャグラー大会の優勝に向けて日々努力を重ねています。
一日の練習時間は、なんと8時間!
体育館やジムで練習の日々を送っているそうです。

そもそも、彼がジャグリングやマジックをはじめたきっかけは、
みなさんももちろんご存知であろう「大道芸ワールドカップ静岡」

6、7才の頃に、ジャグラー世界チャンピオンのトニーダンカンさん、
ハトだしの神様と呼ばれているサルゲイリさんのパフォーマンスに
感銘を受けてこの道を選びました。

独学でジャグリングを学び、プロのマジシャンについてマジックの腕を磨いたそうです。

彼の夢は、世界大会のチャンピオンになることの他に
もうひとつの夢があります。

それは、20年前の自分のように、自分のパフォーマンスに憧れて
ジャグリングをはじめてくれる子どもが現れることです。


今日の彼のパフォーマンスを見て、ジャグリングをはじめてみようと思ったお子さんもどこかにいるのではないでしょうか。

素敵な夢と、パフォーマンスへの向上心を持ちながら、
これからも彼は観客を楽しませてくれるでしょう!

来年も参加してくれたら、嬉しいですね!




(ゆいぽこ)

2015会場レポート / trackback (x)
2015/11/03 04:07 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。