会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

優雅な音楽とともにあらわれた美男美女。
二人はワールドカップ部門の空中ダンスアーティストFlight of Passionだ。

彼らのショーは美しいの一言に尽きる。
Dmitryの力強い動きと、Olesyaの繊細ながらもしなやかな踊りに観客は終止釘付けだった。

クレーンから釣るされるストリップを手足に巻いたり、時には口で咥えたりしてアクロバットに観客を魅せていく。
切ない音楽とラブストーリーが彼らの演技と共鳴し合い、思わず涙ぐんでしまうような情熱的なダンスとなっていた。


Flight of Passionは本大会出場2年目。
昨年は大会でブロンズを獲得した実力者でもある。

例年よりも緊張がほぐれたという彼らは、ここでのショーを心から楽しみ、いい経験だと語ってくれた。
ショーの中で使われる音楽は彼らのパフォーマンスを気に入った作曲家からもらった彼らのためだけのオリジナルだ。


パフォーマンス前には観客から数名、空中体験をさせてもらえる機会があった。
"Give people to fly" 人々に飛ぶ機会を与えたいとDmitryはいってくれた。

体験者の方から話を伺うと、
「初めて飛びました」と赤鼻をつけた成人男性が語ってくれた。
元気よく立候補したものの、やはり飛ぶのは怖かった様子。ストラップを放さないよう必死だったという。



そうはいうもののOlesyaとの共演では足を伸ばしてきれいに舞っていた。
ちなみに観客が空を飛ばせてもらえるのはここ大道芸ワールドカップだけだそうだ。
観客とアーティストが触れ合える本大会ならではのサービスだろう。

切なくも情熱的な二人の円舞、機会がありましたら是非ご覧あれ。

(姫)

2018会場レポート::アーティスト ワールドカップ部門 / trackback (x)
2018/11/04 02:56 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。