会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

眠りの国の不思議な生き物、レデデスは突如静岡の地に降り立った。
ゆる~い動きで街行く人から眠気と笑顔を誘い込んでいきます。

少々ホラーチック見た目ですが、実は”人間”で「眠りの国から来た妖精」というのは3年前にお客さんからつけられた名前だそうです。
パフォーマンスを通じて、忙しい、心に余裕のないこの世の中に、平和でのんびりとした時間を与えたいとおっしゃっていました。



”中の人”ことおふたりは、25年前から一緒に活動しているフランス人夫婦で、あの不思議な生き物は奥さんが彫刻からデザインし作り上げています。

今回日本に訪れるのは初めてだというふたりから、「日本人のお客さんは私たちに興味津々で反応もよかった」
「これからも笑顔を絶やさずにいてください」というメッセージをいただきました。



日々忙しく過ごしている方、寝不足な方は一度あの不思議な人間と戯れてみては?


kame・Lapin・sugimoto

2016会場レポート / trackback (x)
2016/11/06 02:58 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。