会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

華麗に服を脱ぎ捨てセクシースタイルになるとセクシーDAVINCIのショーは始まった。



始めにお送りするナンバーは氷川きよしのずんどこぶし。演歌なのになぜかセクシー。ここからキューティーハニー、千と千尋のいつも何度でもと次々と歌を披露する。
何とも幅広い!!!セクシーDAVINCIがなぜか年代を問わずファンの支持を得ていることも納得できる。

セクシーな歌が終わったかと思うと今度は、リズミカルな音楽とともにセクシーハットダンス、ステッキダンスを披露。



手の指先にまでこだわったセクシーダンスが繰り広げられる。観客もなぜかこのDAVINCIのダンスの虜となり、そこら中で「セ・セ・セ・セクシー」と叫んでいる。この空間は何なのだろうか。なぜだかぞくぞくする。そして、最後には座っていた観客も全員立ち上がり、手拍子とともにセクシーダンスを踊る。その場にいる観客全員がセクシーを背に一体となり、盛り上がりは最高潮になったところで彼のパフォーマンスは終了した。


彼は「私のパフォーマンスは、ほんの日常生活の一部を見てもらっているに過ぎない。それがいろいろな人に受け入れられているのはすごいありがたいことなのだ。」と言う。実際見てびくっりしたのがそのスタイルの良さと、異常にぷにょぷにょとしたおしりの柔らかさ!!!これはぜひ一度触って確かめてもらいたい!そしてそれについて何もケアなどはしていないというのだから驚きだ!女性もうらやむほどのセクシーさは生まれながらにもった魅力であった。また、その飾らないその姿がみんなに受け入れられている理由のひとつでもあると言えよう。彼の日常と観客の非日常それがマッチングしたところがこのショーの醍醐味なのかもしれない。

また、パフォーマンス中に登場するフォトアルバムは非売品らしく残念ながら買うことはできないようだ。しかし、パフォーマンスを見て最後に四角い紙を入れるとDAVINCIのブロマイド写真がゲットできるそう。400種類用意しているとのことなので集めてみるのもいいかもしれない。

素敵なセクシーショーをありがとうございました!!



YURI


2016会場レポート::アーティスト フリンジ部門 / trackback (x)
2016/11/06 02:51 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。